カテゴリ

2009年01月03日

初日の出☆

虹 新年あけましておめでとうございます!

今年の初日の出は、にこちん地方ではかなりきれいだったそうな。




再現してみると…





ジャカジャン!
yukun 215-1.jpg

こんな感じ?



にこちんも優くんも元気ですっ!
nikocin 015-1.jpg

そんな今年のテーマは…『笑顔』♪


で、はりきっていきまショー!!!!


yukun 224-1.jpg
chi-koも写ってないけど元気でーすv



今年もにこちん家をどうぞヨロシクおねがいしますっぴかぴか(新しい)




ニックネーム yo4 at 18:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

ゴールデンライフ♪

今年もたくさんの出来事がありました。

楽しい事、悲しい事、悔しい事、嬉しい事…

いっぱいあったね犬(笑)


2008.03.16 048-1.jpg
家族旅行に行ったり・・・

2008.03.16 116-1.jpg
ごちそうも食べたねぇ〜


2008.03.16 161-1.jpg
ヨダレは今年も止まらなかったね〜

nikochin 006-1.jpg
桜も見にいったね


118-1.jpg
ツツジもきれいだったね〜


nini 069-1.jpg
そうだね〜

nikochin 046-1.jpg
そうそう、今年はみんな手術したんだよね〜
chi-koは優くんを産む手術に
yo4もレーシックしたり、
にこちんも、白内障の手術がんばったね〜

yukun 331-1.jpg
かわいい弟ができて、本当に素敵な一年でした。

ひとつ一つの出来事を全て家族で分かち合えた事が、
やっぱり一番の幸せだったね。


そんな、素敵な一年になったのも、
たくさん、周りの人が支えてくれたから♪

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

どうもありがとう〜るんるん


来年も、みなさんにとってゴールドな一年になりますように…



がんばって更新するじょ〜犬(笑)
エイエイオー!











ニックネーム yo4 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

白内障手術記録 

今回の手術で、あらためてにぃにぃの凄さに感動した。
どんな事があっても飼い主を信用しきっているニコチン。

だからどんな事があってもニコチンの事は、
守ってあげたい。

yukun 005.JPG

これから、動物の白内障手術を受けるかどうか
悩まれている方の参考になれば…と思い、
詳細を書き記しておくことにした。



手術予定日時は平成20年11月18日の午後13:00過ぎだった。

11:00にAH(動物病院)に何も知らないニコチンを連れて行きました。

(術前の4週間前にジクロード点眼液を一日2回、
 2週間前にはミドリン(散瞳剤)を一日2回開始していた)

081118_104238.jpg

いつもの様に診察を受けるまで1時間以上待ち。
症状に変化がないか問診を受けたが、
いつものニコチンの姿はそこにはなかった。

しっぽを丸めきって、預けられることを悟り、
嫌がるにこちんに、心を鬼にして『行きなさい!』とコマンド
すると、処置室の扉の向こうに
丸めきったしっぽの姿が消えていった。


081118_104446.jpg


18:30には術後の診察や症状も安定していると思うので、
その頃電話をするようにと若い先生に指示を受けた。


その間、家にyukunと居ても落ち着かず、
近所の温泉でサウナに入りながら、
手術の成功というよりも、
『本当に踏み切ってよかったかどうか』
を考えながら待つことにした。


予定時間の18:35にAHに電話をすると、
若い先生が『いろいろありまして、まだ手術が始まっていません。
19:00過ぎから開始になると思います』

とのこと。


手術が終わっていない!
じゃなく…始まっていない?


確かにその日の外来は混んでいた。
午前の診療が伸びたと予想はできたが、
予定時間が6時間以上遅れる事ってあるだろうか?

今までのスタッフや先生の患者(犬)や
飼い主への対応などの悪さに自分が安心して任せられるかどうか
決心し兼ねていた思いが、一気に溢れ不安で胸がいっぱいになった。


21:30過ぎに院長のS先生から、
『手術は予定通り無事におわりました。
昨日、今日といろいろ急を要することが立て込んで、
こんな時間になってしましました。ご心配をおかけしました。
明日また9:30ごろにお電話下さい』といつもの淡々とした口調でそうおしゃった。


明日の9時じゃなく、
今すぐにでも迎えに行きたい気持ちでいっぱいだった。



11月19日 術後1日目 

9:30の指定された時間に電話をすると、
『退院は可能です。お昼ごろまでに迎えに来てください』とS先生。

逸る気持ちを抑え、11:30にAHに到着。
約1時間待ち、にぃにぃに会えるのかと思いきや、
診察室に通され、昨日の心配をかけたお詫びを受け、
術式について実際のオペのDVDを見ながら説明を受けた。


081119_134321.jpg

『術式』
@点眼麻酔(本人は全身麻酔)後に、開眼器をつけて、直筋付近に制御糸を上下に2本固定。上眼瞼の強膜中央部に縦切開を約1mm加え、そこより卵円状に横切開を4mm加え反転するようにフラップ形成。
A両側の角膜にピンホール状のサイドポートを開け、粘弾性物質を入れて前房を確保し、トリパンブルー染色液にて前嚢を染色し顕微鏡下にてのマイクロサージャリーと超音波ペンシルを挿入して、水晶体の前嚢部を切開し、水晶体中心部の硬い核を超短波振動で破砕して眼外へ吸引除去した(超音波乳化吸引術:PEA)。

B次に残った水晶体の中に、テンションリングを挿入し、14mmの眼内レンズ(IOL:Acri.Tec AG社ドイツ製)を挿入(にぃにぃの水晶体の大きさは縦16.0mmx横16.5mmだった)した。テンションリングはそのまま留置(嚢外摘出術)。

CIOLが少し大きいため、再び前嚢部を切開し調整。強膜に2針バイクリルにて縫合。

D次にサイドポートより、角膜側からのアプローチで、後嚢の白濁を超音波ペンシルにて乳化し破壊した。なかなか白濁がとれなく、一部残存した状態となった。また、剥離が鋭利にいかず硝子体の一部も切り取った(嚢内摘出術?)。

E水晶体のあった部位を洗浄し、気泡を吸引し、外来に対する刺激の軽減とレンズのズレを防止する目的で、外眼角粘膜に2針バイクリルにて縫合し術式を終了。


以上、素人の自分にDVDにて約1時間かけて説明していただいたが、
理解できたのは、特に何もなかったのだなという事だけだった。

それよりもこの説明の間、遠くで聞こえるにぃにぃの切ない鳴き声が、気になって仕方がなかった。


後日、このDVDを何度も見て次の疑問がでてきた。
@後から後嚢を切り取ったのはなぜか?
A水晶体の核を超音波で砕くときに、水晶体の袋の後部 「後嚢」
 を誤って破損することがある。 一般的には、後嚢が破れてしまうと、 水晶体の核の破片が硝子体の中に落ち、感染症や網膜剥離による
「失明」 となる事故を起こす可能性があり、
 後嚢は触るべきとこではないのでは?
Bしかも一部白濁が残っているが、
 後発白内障のリスクを高めないのか?
C硝子体の一部を摘出してしまってレンズが脱臼したり
 炎症を強めたり、易感染性にならないか?
D後嚢側へのレンズの脱臼は起きないのか?
E後嚢白内障のオペの術式は前嚢部のものと同一か?


術後のひどくやつれたにぃにぃを見て切なくなった。

極度の緊張感と恐怖心から逃げるよに診療室を出てから、
最後の力をふりしぼり、車に飛び乗ったかと思ったら、
すぐに横たわり、じっと両目を閉じて動かなくなった。

毛艶も悪く、震えていた。



在宅治療開始

1)4種類(タリビット、マキシデックス、ミドリン、ヒアレイン)の点眼薬を朝、昼、晩と一日3回、点眼と点眼の間は最低15分開ける点眼治療。
2)ケフラール(1000mg/日:一日2回で1回2錠、6日分)、プレドニン(15mg/日:一日1回で1.5錠、3日分)、ガスター(20mg/日:一日1回2錠、3日分)の内服。
3)食事療法:脂質を抑える病院処方食(SPECIFIC 犬 減量用 CRW-1 300g )を150gづつにして、低脂肪用ドライフードをいつもあげている量を7割にして一緒に与える)


F食事療法は極めて曖昧。
一日の摂取カロリーの制限なのか、脂肪のみを減らすのか?
明解な回答が得られないまま、かかりつけ医に相談してくれとの事。
とりあえず低脂肪用のフードを探すことにした。

人間の白内障手術と基本的には同じであるが、
受ける侵襲はかなり大きなものがあると思った。

背中の腫瘍を取った時より、とても全身衰弱している様子だった。



11月20日(術後2日目)
S先生診察:細隙灯顕微鏡検査結果
評価:極めて良好

肉眼でみてもIOLが混濁なくはっきりと見えた。

081119-4op1d1.jpg

バスターカラーがやはりストレスらしく、
壁にガツンガツンとあたりながら歩いているが、
全身的にはまずまず元気な様子。順調にみえる。

バスターカラー(20センチ)を装着していたが、
横からみると、目と鼻が丸見えで、
これでは障害物にあたってしまうのではと
AA(動物介護士)さんに聞いてみた。

結果は25センチに変えてもらった。
これなら少し顔が小さく見えると本人も納得の様子…

次回の予約を取り帰宅。

バスターカラーをはずして、頚部の被毛をブラッシングしたところ、
深緑色の染色に毛が染まっていることを発見。

皮膚はかなりただれて、皮膚炎を8センチ範囲で起こしていた。

以後、毎食後にカラーをはずして、カラーの除菌と、
ドライヤーで完全に乾かし、被毛の手入れののち、魔法の薬と呼んでいるデルスキン(ステロイド)をスプレーするようにした。

G緑色になんで染まってしまったの?

術後の食事療法
フードは今まではROYAL CNAINE phコントロールを膀胱炎の再発防止のため、約6か月以上続けてきた。
このフードだと粗脂肪が14.0以上ということで、
カロリーをキープし脂肪を抑える食事が必要とのことでしたので、
ニュートロのシュプレモ ライト(肥満犬用)を購入した。

犬の摂取カロリー計算:去勢・避妊していない健康的な犬は、
1.8×(30×体重(キロ)+70)が概ねの目安なので、

にぃにぃの場合は:約1500Kcalが最低必要!

一日あたりシュプレモ240g(808kcal)と
SPECIFIC CRWを300g(876kcal)摂取すると
トタール摂取カロリー:1684Kcalでまずまずと判断し、
食事療法を開始した。



11月21日(術後3日目)
目ヤニは茶褐色の粘秱性物質が少量付着するも、
眼をしょぼしょぼさせて眩しそうにしている。
ステロイド内服の影響で、
室内のトイレシートでオシッコを頻繁にする。
ステロイド内服終了(3日間服用)。

11月22日(術後4日目)
やたら患側の目をしょぼつかせる。
ほとんど閉眼したままで、縮瞳がみら始める。
充血は軽度見られる。
なんとなく疲労感あるもが食欲旺盛。
排便、排尿障害なし。

11月23日(術後5日目)
眼瞼結膜部に充血がみられ、縮瞳したまま。
スポット状の瞳孔。
散瞳剤でもほとんど変化みられず。

yukun 072-1.jpg

それにしても、4種類の点眼を一日3回は相当、きつい。
本人も休まる間がない。

11月24日(術後6日目)
術後検診2回目
院長先生は不在で、若い先生に診てもらう。
やはり、散瞳剤に反応せず、縮瞳のまま。
炎症所見は特に見られないとのこと。

頚部の被毛の緑色に変色し、皮膚炎が生じていたことは、
『前からそうだったんじゃないですか?』
と言って診ることさえしなかった。

081124-1op6d1.jpg

原因は食事による脂肪分が炎症因子として働き、
前嚢部とIOLとの間に癒着を起こしているかもしれないと。
網膜剥離につながることもあり、その場合は失明になる可能性がある。

ステロイドの追加(一日25mgを3日分)と抗生物質(ケフラール)をさらに2日分追加になった。


2日後に院長先生に診てもらうようにと予約をとり帰宅。



11月25日(術後7日目)
ステロイドの内服の影響か、やや散瞳傾向が見られる。
昨日に比べ10%は瞳孔がひろがってきた感じはするが、
反応は右目に比べると遅い。

11月26日(術後8日目)
術後検診3回目
S院長先生の所見説明
『縮瞳が見られ、散瞳剤にも反応しない。IOLは確認できる。著明な炎症所見はないが、脂質が角膜細胞に対して炎症因子として働き、IOLと癒着している可能性はある。血液検査をかかりつけ医でしてもらって、正常範囲内ではあると思うが、それでも細胞レベルで関係している可能性があり、それは本人の素因でもある』

081126-1op8d1.jpg

Hそこまで脂質にこだわる理由はなんでしょうか?エビデンスはないとのことだが、まだ経過観察の範疇なのか?

このまま様子をみましょうとのことにて帰宅。



11月27日(術後9日目)

縮瞳は見られるまま。眼をほとんど閉眼している。
眼瞼下垂が著明。

かかりつけ獣医にて術前検査と同じ内容で採血。
結果はTG(トリグリセリド)は65mg/dlで正常値。
CRPも0.1mg/dlで炎症所見なし。
その他以上所見なし

かかりつけのT先生は、TGの毛様体炎の関係はわからない。
クッシング症候群甲状腺機能低下症の可能性もなくはないが、
かなり低い。眼科に関してはS先生がわからなければ、
おそらくどこにいってもわからないだろうとのこと。

この数日で急に老けこんだ様子のニコチン。
とても元気がなく、せつない顔ばかり。

手術をして良かったのかと…ニコチンには本当に申し訳ないけど、
そんな事を考えてしまう。

081203_121214.jpg




ニックネーム yo4 at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

白内障手術

とうとうにぃにぃが2回目の手術を受けることになりました。

11月18日の明日にその日を迎えます。

1回目は背中にできた血管腫と左目瞼にできた面皰の摘出術を
全身麻酔で、2007年の1月22日に行いました。

そして今度は左目の白内障の手術です。

これは2006年の5月に発覚しました

060613-2.jpg

6ヵ月ごとに文京区の眼科専門の動物病院に通院し続けました。

経過報告でもしたように、確実に白内障は進行しました。

ただ、幸いな事は左目だけであるという事。

考えに考えた末、手術を受けることを決意しました。

ここに今までの経過を記しておきたい。

2006年5月15日 初診
流量検査、眼圧測定、眼底検査と細隙灯顕微鏡検査を行いました。

眼圧測定:正常眼圧は10〜20mmHg。
高値…緑内障、高眼圧症の疑い
低値…網膜剥離、脈絡膜剥離、外傷、脱水、虹彩毛様体炎などが考えられる。
結果は正常値範囲内であった。


犬(笑) 眼底検査:瞳孔の奥にある眼底を、眼底カメラや眼底鏡でレンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査。網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行う。
網膜剥離がおこると青白く混濁して見え、さらに進行すると盛り上がり、しわ状に見える。
糖尿病網膜症では、眼底の毛細血管瘤や血管新生、出血斑を認める。

糖尿病性ではないが、やや変性がみられ、
先天性の若年性のため、急激に進行し
網膜剥離による失明も考えられると告げられる。

犬(笑) 細隙灯顕微鏡検査:細隙灯(さいげきとう)による拡大鏡を使い、帯状の光を目に当てて、目の病気を調べる検査。結膜、角膜、前房水、虹彩、瞳孔、水晶体などが検査でき、特殊なレンズを用いると後眼部の硝子体や網膜の状態まで検査できる。


2006年6月13日 再診1

細隙灯顕微鏡検査、超音波検査を行いました。

061000.jpg

特に進行している様子はない。

犬(笑) 超音波検査:まぶたの上から振動子をあてて超音波を発振させ、組織から反射してくる波形を観察する検査。 白内障に限らず何らかの理由で網膜を直接見ることができないときによく使う。 この検査で、網膜剥離や腫瘍を発見することができる。

網膜剥離はみられず、進行も緩徐である。



2006年9月6日 再診2

細隙灯顕微鏡検査を行いました。

070425.jpg

4歳までに進行すれば失明であるが、この状態であれば、
6か月に一度の検診で大丈夫であるとのこと。

2007年4月23日 再診3

眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。

070500.jpg

わずかに白濁は進行しているようだが、
生活上は支障がないようであると説明受ける。

2007年9月25日 再診4

眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。

070925.jpg

現段階ですぐに手術の必要性はなく、右側も異常なし。


2008年3月25日 再診5

眼圧測定、眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。

080325.jpg

手術を行うかどうかは次回の検診で判断すると告げられる。



2008年9月24日 再診6

1)眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。
2)シクロード点眼(1日2回点眼)処方
3)オペオリエンテンーション
 料金(35〜40万円)、術式は白内障手術(超音波乳化吸引術、眼内レンズ移植術)の大まかな説明と全身麻酔(全麻)の術前検査依頼(かかりつけ医で行うようにとのこと)、
網膜電図検査を行うこと(静脈内鎮静法にて)、
術後は目薬を約4種類(1日3回数か月)、抗生剤の内服は1週間、ステロイド内服併用。
 術後の再診は1週間、2週間、1か月、2か月、3か月、6か月
の検診が必要であるということの説明を受けた。

0809240.jpg

手術を行うのであればこの半年以内で決断したほうが良い。
その間に急激に進行するおそれがあると説明を受ける。


080924.jpg

犬(笑) 超音波乳化吸引術と人工水晶体移植術の手術方法
1、水晶体のカプセルに丸い穴をレーザーであけます。
2、約4oの傷を作ります。
3、核と皮質の一部を超音波で砕いて吸い出す。
4、残った皮質を取り除きカプセルだけにする。
5、人工水晶体をカプセルの中に入れる。
6、傷を縫合する。

といった術式になり、1〜2泊入院が必要で、
完全なる家での術後管理が必要であるという。

白内障がどの程度すすんだら手術をするか?
白内障は急いで手術をしなければならない病気ではないので、
普段生活する上で支障をきたしてきたときが手術の時期である。
片方の目だけ進行する場合は、もう一方の目が見えるので
特に不便を感じないことがある。

白内障にかかっていない方の眼をふさいで、
動くものに反応しなければ、そろそろ手術を受ける
タイミングと判断していいと思われる。
とのことでした。

いろりろ調べていく中で、人間の場合は濁りが全体にひろがると
視力が0.1以下になり、放置すると、水晶体は液化し、
膜が厚くなって濁り、手術をしてもいい結果がでないことがある。
あきらかに見えにくい状態のまま放置していても、
状態が改善することはなく、手術は難しくなるだけなので、
このような場合は手術を早めたほうがいいということが
概ね専門医の見解。

にぃにぃが体力的にも元気なうつに手術を受けさせてあげたいと
思うようになり、年内に行うことを決心した。


0801014.jpg

しかし、人間に比較すると、犬は元来視力の弱い動物。
人間と同じ近視だそうです。近視の程度については諸説があり、1〜2メートル先の人間の顔もわからないという説や、10メートルくらい先まではわかるようだという説があるということ。

手術をした方がいいだろうか…

とまた、悩んでしまう。


2008年11月4日 再診7

1)流量検査、細隙灯顕微鏡検査、超音波検査、網膜電図検査を行いました。
2)シクロード点眼(1日2回)、ミドリンP点眼(1日1回)
3)オペの段取り(午前中来院し、処置後入院)と
リスク(ぶどうまく炎後の緑内障、網膜剥離の継発の可能性)と後発白内障の可能性があることを簡単に説明を受けました。

081110.jpg

パンチ 網膜電図検査:暗室で点眼麻酔をし電極を埋め込んだ
特殊なコンタクトレンズを装着し、眼球内の網膜に光を照射すると、
網膜と角膜の間にある電位(静止電位)に変化が生じるので、
この電位変化を増幅して記録し、細かく分析すると、
網膜自体の機能がよくわかる。
電位変化が初期から大きく低下する、あるいは消失するなどがみられる時は、網膜色素変性症と診断できる。

左目に大きな電位差はなく特に問題はない(網膜に機能に異常はないので、術後の視力回復は期待できるという意味だと理解した)とのこと。

むしろ右目は電位差があり、変性がおきると網膜剥離の可能性もあり、それを少しでも予防するために網膜レーザー凝固を両眼しておいた方がいいとのこと。

追加料金は20万円で、発生率を下げる可能性は、
ゴールデンに犬種ではあきらかなエビデンスはないが、
一般的には10分の1になるとのこと。


0811041.jpg

犬(笑) 後発白内障:手術後、数ヶ月〜数年して、手術の際に残しておいた水晶体の後面の膜(後嚢)が濁ることによって目がかすむなどの症状があらわれることがある。

0811042.jpg

にぃにぃにとって、最善なことは何か?



2008年11月5日 かかりつけ医院

全麻の術前検査
 採血(CBC、一般生化学検査、電解質、)、胸部X線検査、心電図検査を行った。
採血結果:Hbが20.1(g/dl)でやや高値、PCVは56.2(%)
でやや高値、Kが3.4mEg/Lやや低値でその他以上所見なし。
胸部X線検査結果:VHS(椎体心臓合計)は10.0(正常値8.6−10.6)でNP
EKG:洞性不整脈あるもQRS幅の異常はなくWNLと判定できる。


全身の健康状態は問題なく、全身麻酔を受けられると判断できた。

現在、にぃにぃはまだ完全に見えていると思われる。

正直今の今でも悩んでいる。

出来ることなら何でもしてあげたい。

かけっこが好きではない、にこちん。
おメメが見えるようになったら、カケッコが好きになる?
カケッコなんかしなくても、yo4たちと一緒にいるだけで幸せ?

081117.jpg

常に目が曇ってストレスがかかる?
にぃにぃはどうしたい?


この決断がにぃにぃの残された時間の中で、
Quality of Life(QOL)の向上になることだと信じたい。

そして、手術が成功することを信じたい。

がんばって!

どんな事があっても守ってあげるから。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に、
ジョバンニがカムパネルラを思い
「僕はもうあのサソリのように、みんなのほんとうの幸いのためなら、僕の体なんか百ぺん焼いてもかまわない」
と夜空を見上げ涙をこらえる。

今日までそんな気持ちでずっといた。



ニックネーム yo4 at 01:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

しつけと愛情2

犬と赤ちゃんが共存するためにはどうすればいいか?

という事を考えてみたい。

これまで、『にぃにぃのしつけ』は、
自分とchi-koが出来る範囲で、おしみない努力と愛情をそそいでおこなってきた。
幸いにもにぃにぃも非常に躾けが入りやすい犬種で、
しかも理解能力がとても高い犬(笑)



そのためこれまでに手を焼いてしまう事は一度もなかった。

正直こんなに飼いやすい犬はいない。

どこに行くのも、何をするのも一緒で
自分たちの子供として育ててきたにぃにぃである。


081112.jpg



yukunが生まれ、新しい家族が増えていろいろ考えていかなければ
ならないこととしてまず第一にあげる事は、
yukunとにぃにぃと私たちが快適に楽しい生活をこれから送るには
どうすればいいか?


改めて『しつけ』を考えて行く時が来た。

081118.jpg

1)犬は群れを作って生活する。
2)自分より強いと認めたリーダーの存在は絶対的で、
  群れはリーダーの指示に従って行動する。
 (強さとは力だけではなく尊敬されるという意味が最近の動物行動学的にも強調されている。)
3)自分が今どの順位にいるのかを常に確認しながら生活する。
4)警戒心が非常に強く自分のテリトリーを持っている。

など犬には本来持っている習性がある。

当然、にこちんも持っている犬(笑)

081117.jpg


上下関係で判断すると言うが、
それを教えてあげられる飼い主でない場合は、
犬より下になってしまう?

散歩させたり、エサをあげたり、褒めたり、何かをさせたり
とコマンドを出せば、犬は自分よりも上であると認識できる。

が、そうした事ができない赤ちゃん(yukun)
はどうしたらいいか?

小鳥犬犬(怒)


愛犬はそれで理解できても、
赤ちゃんは『上下関係』やイヌ社会なんてわからないでちゅ。

愛犬より下の存在だと自分のテリトリーを犯され途端に、
唸ったり、噛みついたり…なんてことも。

あの、にこちゃんも…!


これでは、家族全員が不幸です。

そこで、愛犬に対する再教育(再しつけ)が必要になってくる。

言いかえれば、愛犬に対するしつけの考え方を、
飼い主がもう一度考え直し、
示していく必要があるということ。


081114.jpg


そこで、『赤ちゃん』という存在を家族(群れ)の中で
どうのうように位置づければいいかを教える必要がリーダーにはある。

(リーダーと言っても城島くんじゃない)




犬が闘争心をむき出しにする根本は、『不安』にあると思う。
これは、犬に限らず、人間も怒りや愚かな行為は
こうした『不安』から生じるようである。


『不安』から恐怖が感じ、自己防衛本能がでる。
この『不安』を取り除いてあげることを大切にした。

まず、yukunが生まれることを、chi-koのお腹が大きい時から、
お腹にむかって話しかけた。

最初は、chi-koに対して遊んでいると思ったらしく、
にぃにぃはその間に顔をおしつけるように割って入ろうとした。

けれどyukunというまだ目には見えないけど、
存在を感じられるように、
にぃにぃにも認識させるために続けた。

でも、これは実際は、父親としての自分の自覚にもなった。
何度も、何度もお腹に声をかけることで、
その存在感がとても強くなり、愛しさが込み上げてきて、
産前でもそこに『いる』という感覚が自分にも芽生えた。

081193.jpg



そして、いつも、いつもyukunの名前を頻繁にだし、
yukunのために買ってきたものを見せてから、
『これはにぃにぃのじゃない。yukunのだよ』
と何度も何度も言い聞かせた。

これは自分の大切なものに触れてもらいたくない時に、
いつも行う方法で、
『No!にぃにぃのじゃない』と言い聞かせてきたため、
すぐに触らなくなった。

だから、もってきてほしくないものを持ってきた場合は、
叱るよりもひたすら無視するか、この言葉をコマンドする。

yukunが生れ、入院中に使用した洗濯物の匂い毎日をかがせた。



chi-koのものはしっぽを振って匂いをかいだが、yukunのものになると、
ぴったりしっぽは止まり、くまなく匂いを嗅ぎ続けていた。

明らかに違う『存在』を意識したようだ。

そのことを何度も何度も行い、yukunの匂いを通して
新しい家族が増えたことを認識させた。

もちろん、何度も何度もにぃにぃに新しい家族が加わり、
赤ちゃんがお家にくることを言い聞かせた。


言葉がそんなに伝わるものだろうかと思うかもしれないが、
気持ちというものは犬であろうと、
言葉のわからない赤ちゃんだろうと必ず伝わるものである。

081195.jpg

だからにぃにぃにも伝わっていると確信できた。

けれど入院中は10時間ぐらいは家を毎日あけることになり、
にぃにぃには随分と寂しい思いをさせてしまった。


0811191.jpg

だから、自分の睡眠時間を削ってでも、
にぃにぃと家にいられる時間はたっぷり遊んだり、
話しかけたりと愛情をそそいだ。

081113.jpg

そこで、『にぃにぃのじゃない。yukunの』とコマンドすることで、
これはyukunであるとにぃにぃの中で
一つの『存在』として認識できるようになっていった。

産前にしきりにyukunという言葉を聞いていて、この匂いがまさに、
『yukun』であると認識させ、
家に帰ってきたときに、yukunという匂いのする者が家にいると
再認識できるようにしつけられ、
得体のしれない者が急に家の中に入って来たという『不安』にならずにいられ、
一切吠えたてたり、よそ者が侵入したという防衛反応は全くみられなかった。

むしろ、とても好意的で、楽しみにしていたかのようにもみえた。

0811111.jpg


これで、我が家(群れ)の中にyukunが加わったという環境の変化に不安もなく、にぃにぃにはすんなり理解できたように見えた。


次にこの『yukun』がにぃにぃ自身の中で、
どういう存在になるかという問題になる。

元来、『犬は弱者に対して寛容である』という習性がある。

つまり、yukunは弱者であるから、自分は寛容にならなくてはならない。
この家族(群れ)の中で、擁護されるべき存在であると認識させる。

081115.jpg

どうするればいいか?


にぃにぃに対して感情的に叱ってしまうことだけは、どうしても避けたかった。

その理由として、にぃにぃにとって決して故意ではなく、
叱ることで、
赤ちゃん=いやな思い
というコマンドになり、好意的でなくなってしまう。

それに寂しい思いを掛けてしまう。

もうひとつは、叱るという感情が、yukunに伝わってしまい、
自分が叱られている、怒られているという思いがyukunの人格形成に影響を与えてしまう可能性も心配である。

だから、して欲しくないときには『No』が理解できる。
必ず静止させる。

その予測をした上で見守る。

という事を行った。

081116.jpg

yukunを地面に置くとおそらくにぃにぃは急いでかけより、
鼻でつついたり、舐めまわしたりということが予測できる。

だから、最初に待てと静止させ、
静かにyukunを床に置いてみせる。


バタバタ手足を動かし、興味を誘う行動をとるが、
『マテ』のままそばでその光景をみさせる。

そして、リーダーがいかに大切にしているものであるか、
じっとそばで見させる。
決して、にぃにぃを排除させたりはしない。

犬はバイ菌がいっぱいいるとか、
危ないからという理由だけでは無視したり、隔離したりはしない。

081119.jpg

赤ちゃんってかわいいね。
泣いているから面倒みようね。

と一緒にそばで見させる。


それを繰り返すことで、赤ちゃんは何もできない弱者で、
そしてリーダーがとても大切しているもので、
擁護していることを覚えさせ、
静かに見守ることを教える。

そばで見守っていることで、褒められるということを徹底して
行うことで、
自分が赤ちゃんにどのように接すればいいか理解し、
自分も守らなくてはという使命感が犬にも芽生えてくる。

081196.jpg

今ではyukunのベッドの前や、傍でいつも『見守る』ことができる、
立派なお姉ちゃんに成長し、にぃにぃに対する信頼が一層強くなった。


081197.jpg

そんなにぃにぃを心から誇りに思う。

そして愛しさで心があふれ、胸がいっぱいになる。















ニックネーム yo4 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

イヌの時計

子供が生れたらどうしてもプレゼントしたいものがあった。

『大きな古時計』の歌にちなんで、
息子のこれからの素敵な人生を
親に代わって最後まで見届けてくれる『時計』を
最初のバースデープレゼントにしたかった。


そこでyukunが産まれ、kicoriさんの『イヌの時計』を贈った。
10151.jpg

実にいい時計です。
この時計にめぐり会えて本当に幸せです。

間違いなく病室にこんなに大きな時計を持ち込んでいたのは、
うちだけですが...(笑)

yukunが産まれた9時12分から『イヌの時計』は、
私たちと一緒にゆっくりと時を刻み始めました。



10156.jpg

もちろんこのデザインにしたかったのは、
にこちん姉ちゃんの事を一生忘れて欲しくないからです。

yukunがいくつになるまで一緒にいられるか分かりませんが、
この時計を見るたびに、生まれた時からそばに、
いつもにこちんが居たことを絶対に忘れてほしくないからです。

081017_10.jpg

こんな散歩嫌いでイヌらしくない姉ちゃんですが、
yukunどうぞヨロシクです♪


yukunの誕生日からちょうど1週間後は、
chi-koの誕生日でもあります♪

今年は病室で誕生日を迎えることになりました。


本当に産まれて来てくれてありがとう。
yukunを生んでくれてありがとう。
そして、本当に本当にお疲れさま。


yukunと穏やかなひと時をずっと過ごせるように、
ロッキングチェアーをプレゼントしました。

10153.jpg

こちらは素晴らしい『イス』です。

(よーく見てもイスだって!)


この粋な計らいはにこちんのグッドアイディア!

そう!ドッグアイディア犬(笑)

でました!

10152.jpg



やったね、にこちん!







ニックネーム yo4 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

アドバイス♪

yuくんの『へその緒』をもらいました♪

yu1016-1.jpg



正直に言って、イカみたいですたらーっ(汗)

自分のへその緒は確かもっとカリカリして、茶色くって…

というイメージでしたが、

取れたて?の『緒』は、カッコよく言うと『絆』は、

柔らかくて、真白で、コリコリしていました。

説明書によると、2〜3日乾燥させて…

完全に乾燥させ…

yu1016-4.jpg

…ネコに食べられちゃうこともあるですってexclamation×2


そりゃ大変だ〜!


大事な大事な『緒』が、カッコよく言うと『絆』がexclamation



えっ?何々…

犬(笑)犬(笑)犬(笑) 



と、にこちゃんのグッドアイデア、

可愛く言うとドッグアイデアなアドバイスを受けて…





yu1016-2.jpg



干してみた!






ずこーーーーーっと!
yu1016-5.jpg



お姉ちゃん(;一_一)

yuくん、早くもずっこけているよ☆


ホントにこれでいいの?










ニックネーム yo4 at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

弟、誕生☆

1015-3.jpg
にこちゃんに待望の弟が無事に産まれました♪

すこし涼しげな秋風が心地よく吹く晴天の朝小鳥

10月15日(水)9:12
254日間居心地の良かった
chi-koのお腹から引っ越して元気に産まれてきました。

081015_1.jpg

2830gの元気な男の子ぴかぴか(新しい)


母子共に健康で、心の底から安心しました。

081015_102.jpg

あまりにもたくさんの出来事が、
この日を迎えるまでにあったので、
万事がうまくいくことの尊さにただただ感謝するのみでした☆

御察しの通り、母親より号泣したのは言うまでもありません…

chi-koは僕の事もあやすはめに…
さすがに看護師さんが少し引いてましたたらーっ(汗)
(スクルーウォーズの泣き虫先生<徳光さん<泣き虫パパ)

1015-2.jpg
そんな弟の誕生にお姉ちゃんの目もほころびます犬(笑)
(おやつを見せて撮る裏ワザ使用感たっぷり♪)


1015-1.jpg

『優しく温かい思いやりのある人。
   人を介(たす)けるという優しさを
      たくさん持った人になって欲しい』

と願いをこめて、

『優之介』 ゆうのすけ 


という名前をプレゼントしました☆

1015-6.jpg

満月の夜、どこまでも照らす月の明かりのように、
清浄で穏やかな気持ちが心の中に満ち溢れ
生涯で忘れられない素敵な一日を迎えることができました☆


こんな気持ちにさせてくれた優くんとchi-koに感謝ですぴかぴか(新しい)


そして・・・

ぴかぴか(新しい)電話やメールで励ましてくれた方、
お守りをくれたり、縁起のいいものをくださったり、
共に泣き、共に喜んでくれた人、
たくさん相談にのってくれた方、
数えきれない愛情と常に優しい言葉をかけてくれた方々
また、公私にわたりたくさんの見えないところで
いつも支えてくださった方々
お父さん、お母さん、
本当にありがとうございました
chi-ko共々、心より感謝いたしますぴかぴか(新しい)








Y太郎は…
ニックネーム yo4 at 23:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

465

書こうかどうか最後まで迷っていたことがある。

それは注射のこと。

『465』回。

毎日、毎日、来る日も来る日も、
一日も欠かさず、
弱音もはかずに、
朝と晩に、一日2回の自己注射をしてきたchi-ko。

1014-1.jpg

Yくんを授かってから、毎日朝晩の一日2回の注射。

1014-2.jpg

ぐっと唇をかみしめてこらえて泣きごと一つ言わなかった。
1014-4.jpg


両足や両腕、お腹に注射のしこりが出来るので、場所を変える。
その数、全部で465回。

服用した薬は、全部で1646個。

1014-5.jpg

今までずっと僕の前では涙をみせなかったchi-ko。

そんな、強いchi-koが臨月にはいって、
あまりの痛みに号泣した。



正直、僕は泣いて欲しかった。
思いっきり泣いて欲しかった。
もう少しだからがんばろうとは言えなかった。

『えらい、えらい、痛かったね』を繰り返し、
泣いていいのだと、その痛みをわかりたくて抱きしめた。


10月14日の今日、その注射が終わった。



この注射針を、最初は生まれてくる息子に、
不良になったり、母親を泣かせるようなことをした時に、
知らしめようと捨てずにとって置こうと考えた。


もし、息子や22が注射をして、『痛い』と言ったら、
『お前のお母さんが味わった痛みにくらべれば…これくらい』
と説教をするつもりだった。


果たして、それでいいのだろうか。
それが、親なのだろうか。

それが、人として本当に意味のある言葉なのだろうか。

転んだり、傷ついたりしたときに、
その痛みをわかろうとしないで、
比べる事に果たして何の意味があるのうだろうか。

僕は、chi-koが味わったこの痛みを知ることができない。
きっと毎日、毎日、針の山を登っていくような痛みだったのだろう。

この痛みや苦しみをわかろうとするところに、
本当の言葉がみつかる気がした。

だから、息子や娘の22が痛い思いをしたり、
辛い思いをしたら、こう言ってあげたい。
『それは本当に痛かったね。それは本当に辛かったね。えらい、えらい』と。

明日の10月15日の8:45に帝王切開で、息子が産まれてくる。
chi-koがこうしたことを乗り越えて、産んでくれる。
1014-3.jpg

もし、2人目が授かって注射が必要だったら…と聞くと、
chi-koは笑顔で『もちろん毎日やるよ』と答えてくれた。


親の姿を教えてもらった。
そして、親のありがたさが身にしみた。


今日、明日生まれてきてくれる息子に、
chi-koと2人で手紙を書いた。
1014-6.jpg


『産まれて来てくれてありがとう』と。



1014-7.jpg

どんなに辛く悲しいときも、
この寝顔に僕もchi-koも癒されてきた。

そしてすべてが穏やかに、
そして静かに流れていった。


1014-8.jpg

秋なのに何故かサマーカットにされたお姉ちゃん。
準備万端。

オータムカットで、産まれてくる弟に、
気を使ってみたようだ。


えらい、えらい、にこちゃんえらい♪
















ニックネーム yo4 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

おうち☆

Yくんがこの世界に出てくるまで、chi-koのお腹の中。
だから、chi-koのお腹はYくんの おうち☆

Yくんの おうち はだんだん大きくなるんだね♪

080223.4.5.jpg
Yくんが おうち に来て4週間経過したところ。
グアムに旅立つ前日に病院で分かりました☆
chi-koさん、知らないで行ったらスカイダイビングしちゃってましたね〜!
グアムに一緒に行った皆さん、ごめんなさいたらーっ(汗)
この時は2人きりで喜び半分、不安半分でまだ打ち明けられませんでした。

2月29日 5週と4日。
この日は、Yくんの おうち が確認できた日。
2人で涙を流して喜びましたぴかぴか(新しい)

嬉しくて29(にく)もいっぱい食べましたたらーっ(汗)

080518.16.6.jpg
Yくんの おうち は16週と6日。
夕方はよくお姉ちゃんと4人で近所のお散歩するのが楽しかったね。
Yくんはこの日、オウチの中からノックした?
右の人差し指に感じたよ虹


080526.18.0.jpg
Yくんの おうち は18週と0日。
だいぶ出てきたね〜なんて言っていたけど、今こうしてみると、
まだまだ1ルームぐらいかな?
でもchi-koは腰が痛くてしかたない。
Yくんが14センチにもなってきたから、仕方ないね☆

080527.18.1.jpg
chi-koは腰が痛くても、がんばってお仕事してたよ☆
でも、仕事の仲間がみんなやさしく、声をかけてくれたり、
座らせてくれたりと本当に幸せいっぱいのchi-koだよブティック

080609.20.0.jpg
Yくんの おうち がだんだん大きくなってきた20週と0日。
この日はYくんのおチンチン見られちゃたね☆
お姉ちゃんと3人で一生懸命にYくんの名前を考えたよ♪


080615.20.6.jpg
20週と6日。
Yくんは休みの日には、じっじと大ママにも会いにいったね〜
もちろんお姉ちゃんもいつも一緒だよ☆

ベビーカーも探しに行ったよ。
もう、お外の音が聞こえているんだってね♪
yo4の声も聞こえた?

6月22日 この日、Yくんの名前を決定したよ。
chi-koと一生懸命考えて世界一いい名前にしたんだよ♪
今までと呼ばれ方が違うから少し戸惑ったかな?

7月28日 Yくんが1000gを超えたね。
2人で涙を流して喜んだよ。
chi-koは今でてきても生きていけると、本当に喜んでいたよ。


080630.23.0.jpg
23週と0日。
今日はYくんの おうち が丸見えだったね☆
4DでYくんが何しているか見ちゃった。ごめん、ごめん。
結構、お部屋奇麗にしているんだね☆
ひょっとしてA型?

8月18日 Yくんのお誕生日が決まったよ♪
おめでと☆10月15日(ワンコの日)だって♪

Yくん4D見るとchi-koにそっくりさんなんだよね。
でも、しぐさはyo4に似てるって。。。グフフ



080828.31.3.jpg
Yくんの おうち は31週と3日。
お姉ちゃんの公園にもたくさんお散歩しに行ったね。

大ママやマミーがYくんのブーブーやトントンを買ってくれたね。
chi-koはかなりしんどくなってきたね。


0901.32.0.jpg
32週と0日。
Yくんのお部屋が急に狭くなったんだね。
一生懸命にお部屋を大きくしているね。
chi-koはがんばってそれでもいいよって言ってくれているよ。

9月10日 Yくん2163gになったんだって☆
すごいね。chi-koが本当に喜んでいるよ♪

1006.37.0.jpg
10月6日 37週と0日。臨月と呼ばれる月。
最後のYくんのお部屋の診察が今日で終わったね。
今までよくがんばってきたね。
ホントによくがんばってるね。

あと数日で、Yくんおうち は引っ越しだね。
今は何を持っていくか考えているのかな。

でも、何もいらないよ。
全部ここにあるからね。

あなたが必要なもの、すべてがここにあるからね。
ただ、お顔をよーく見せて。
ただ、声をよーく聞かせて。
ただ、ほっぺによーく触れさせて。

あなたのその小さな、目も鼻も、
指も足も、chi-koにたくさん見せてあげて。
これまであなたのオウチを命がけで守ってきた、
chi-koだけには必ず見せてあげて。
そして、思いきり抱きしめさせてあげて。

ね、それぐらい、いいでしょ?




ニックネーム yo4 at 23:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする