カテゴリ

2009年09月29日

My Golden House!

昨日9月28日は我が家にとって、
とても大きな喜びの日となりましたぴかぴか(新しい)

去年の暮れから計画したマイホームが、
昨日引き渡しとなりましたClap


家族みんなで協力して建てた家家ぴかぴか(新しい)

そう!『My Golden House!』です!

犬(笑)

今日は、ちょっとだけですけどご紹介!

ここがウワサのにこちんのお部屋…
090928-1.jpg
表札はまだありません。

でも、このお部屋は日当たりも眺めも、風通しもよく、
『サイコー!』
のにこちんご自慢のお部屋ですぴかぴか(新しい)
09028-2.jpg

みんなの笑顔をみていたら、家族みんなが幸せな気持ちになり、
にこちんも優くんも、chi-koもみんな大喜びでしたるんるん
yukun 052-1.jpg


これまで、このMy Golden House計画で、
200人以上の人との出会いがありました。

My Golden Houseは、いろんな人に支えられて出来上がり、
いろんな人の協力でこの家が建っていることを
いつまでもずっとずっと忘れないようにしたいでするんるん

ホントに感謝…ただただ感謝の気持ちでいっぱいです虹

ニックネーム yo4 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

君の強さ

『急性子宮蓄膿症』で緊急オペになったにこちん
おかげ様でその後の経過は、とても順調です♪

摘出した子宮は、なんと1.2Kgexclamation&question
腐敗臭でとてもひどい状態でした。

ほとんどワンちゃんは、病気が進行しきって、
ぐったりしてしまった後に来院し、
オペしても、子宮が破裂してしまっていて、膿がお腹に拡散し、
腹膜炎を併発してしまうケースがほとんどの中、
にこちんの場合、早期に発見できて、
適切な処置をしてもらうことができました。

それでも、3日は様子を見てしまったけれど、
大事に至らなくて本当に良かったです。

今は抜糸も終わり、術後の抗生剤の飲み薬も終わって、
禁止していた階段の上り降りも、
自らせっせと行ったり来たりしておりますホネ


体が軽くなったのか、以前に増して非常に軽快なフットワークで、
食欲も、おやつ欲もめちゃくちゃでており、安心しています犬(笑)

一時は本当にどうなるかと思いましたが、
適切な先生の処置と対応で、
本当に元気になることができましたぴかぴか(新しい)

とてもいい先生に巡り合えて幸せでした。
改めて、先生とスタッフの方に感謝いたします。
ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

また、ご心配を下さった方々、
本当にありがとうございます。
ニコチンは元気ですよ〜♪



c0036880_826980.jpg


弟の優くんが生まれてから新居の建築計画で、
去年の暮れからは毎日、毎週、
『家』のためにすべての時間を費やして来ました四葉

090103.jpg

土地探しから始まり、建築業者の選定、
家の図面と設計もすべて自分たちで考えました。

外構から家具から、引っ越しの手配、法的手続きなどなど、
気が遠くなるほどの作業が、ずっとずっと続きました。


090201.jpg

ただでさえ優くんに主役を奪われた時に、
それ以外の時間は全部『家』に使われ、
にこちんはいつもいつも、何をするにしても、
最後の最後で、『待っててね』ばかりだったね。


090115.jpg

そのストレスも、たくさん溜まっていたと思うけど、
いつもいつでもずーっとじっと我慢していたね犬

090318_115835.jpg

本当に我慢強い仔。
今回の病気も、きっとずっと前から調子が悪かったんだろうね。

090406_101326.jpg

『家』のことや優くんのことで、
なかなか一緒に連れていかれるところも少なくて、
いつもギリギリまで連れて行ってくれることを信じて、
車のドアの前で待ち続けてたね。

090408.jpg

それでも、『待て』の一言にいつも上手に待っていられたね。
みんなの帰りを玄関でずっと一人で待ってたね。

090417_095507.jpg

そして、帰った時にはありったけの喜びを全身で表現し、
腰を振って、しっぽを壁に打ち付けて、
小さな幸せのために、ひたすら待ち続ける寂しさを忘れ、
置いて行かれた事など感じていないかのように、
全身で喜んでたね。

090502_112150.jpg

何を思い、何を感じていたのだろうか。
どこまでも、献身的で、どこまでも忠実なにぃにぃ犬(笑)


090509.jpg

今まではいつもどこでも一緒に出かけ、
にこちんが行ける場所をいつも第一に考えていたけれど、
この一年はそれができなかったね。

090512_130055.jpg

でも、その事を何もかも全て分かっているかのように、
弟の優くんにもとても優しいにぃにぃかわいい

090524.jpg

今回のマイホーム計画は、ずっとずっと前からchi-koと
何度も何度も話していて、ずっと計画していたもの晴れ

にぃにぃが10歳になるまでには必ず建てようと考えてた虹

090607.jpg

にこちんは、足が悪く、眼も悪いので、今のままでは、
老犬が住むには少し大変です。

だから、にぃにぃがこの世にいてくれる間に、
どうしてもにこちんが快適に老後を暮らせる『家』を建てることを、
chi-koと何よりもの『夢』にしてたんだよるんるん

090614.jpg

それが、優くんが生れ、全てが動きだした。
あっという間の一年だった。

子供と犬、家族全員が幸せな気持ちでいられる場所。
それが、この『家』−。

0906071.jpg

そうそう、にこちんには、まだ話していなかったね。
ちゃんとにこちんのお部屋もあるんだよるんるん

090818-2.jpg

にこちんが楽に階段を上がれるように、
にこちんが楽に外にでられるように、
にこちんがいつも家族の真ん中にいられるように、
にこちんが暇ヒマな留守番にならないように、
いつも涼しくて、快適な昼寝ができるように、

限られた中だけど、
できるだけの思いを
chi-koと心を込めてつくったよ虹

090818-1.jpg

そのお家が来週引き渡されるんだ小鳥
これまで本当にとても寂しい思いをかけてきたね。

でももう、大丈夫だから四葉

にこちん、今までごめんね☆
君は本当に我慢強いから、
ついついこっちが甘えちゃった

090915.jpg

そうそう、にこちん。
君が死んでいなくなっても、
ずっとずっと家族でいられるように、
小さなお庭だけど、小さなお墓を用意したからね。

そのお墓はいつも、大好きなお外がみえるようにしてあるし、
もちろん、みんなのいるリビングがいつも見えるから。

だから、安心してかわいい


ニックネーム yo4 at 22:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

祝退院♪

nini0908301.jpg
今日、無事ににこちゃんが退院しました。
おめでとうるんるん
よくがんばったねハートたち(複数ハート)

急に病院に行く事になり、急に入院で、急に手術で、
急におやつ抜きで、急にお帰り〜ができなくて、
急にプシューができなくて…

にこちんの毎日の日課が何一つ急にできなくなったけど、
先生はなかなか偉かったって言ってくれていたよ犬(笑)

おしっこマットを何度も、早く代えて!
って催促していたらしいわーい(嬉しい顔)

にぃにぃらしい。


にこちんが、家にこんなにいないい日は初めてだった。

ホントによくがんばった。
股関節の調子はあまり良くないけど、もう少しの辛抱だよHello

実は、来月、引っ越します犬(笑)

新しいお家ができるんです家ぴかぴか(新しい)

優くんと、そしてもちろんにこちん使用にしてあります虹

にこちんが、ゆっくりとス老ライフが送れるお家なんです犬(笑)犬(笑)犬(笑)犬(笑)

ニックネーム yo4 at 23:16| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

緊急入院!

今日愛娘のにこちんが『緊急入院』した。

そして、緊急オペになりました。

090714_172057.jpg

今週の日曜日に急に歩き方がおかしいと気が付き、
ベッドやソファー、階段の上り下りを躊躇したり、
散歩の途中で止まることが多くなってきた。

食欲はあるものの食べるスピードが落ちて、
シニアの仲間入り…?
なんてと思っていたけど、内心は心配していた。

体をじっくり良く見て、
じっくり良く触るとお腹が少しでている?
(にぃにぃのことですっ)
右のオッパイあたりが少し腫れている感じがする?



体重もなんと、30Kgexclamation×2オーバーの警報器がなっていた。


最近かまってあげられていなくて、
寂しい思いをさせてばかりで、
こちらも『おやつ』に力が入ってしまっていたたらーっ(汗)

ストレス太りがたたり、元来持病の股関節形成不全が進行して、
いよいよ歩けなくなってきたか…

内科的な疾患かな…

と、やっぱり心配になってきた。

やっぱり心配だったので、
今日血液検査とX線検査と診察をしてもらってと、
chi-koに頼んで、仕事に出かけた。


血液検査の結果は、白血球が30000万以上!
炎症のマーカーも振り切れていた。

腹部エコーの結果、『子宮蓄膿症』にてすぐにでも手術が必要!
との診断で、今日そのまま入院になり、
先生の外来が終わってすぐに、手術になった。

摘出した子宮は感染し、
腐敗臭もあり、大きさもなんと1.2Kgになっていた。


本当にこのまま様子を見ていて、
破裂したら腹膜炎を併発し予後がとても悪かったとのこと。

早い段階で来てくれたので、
ベストな処置ができた。

あと、右の胸に小さな腫瘍ができていたので、
それも採りました。おそらく乳腺種だと思います。
これも早くとれて良かった犬(笑) 

とおっしゃてくださった。

先生、スタッフの皆さん、外来で一日疲れていたにもかかわらず、
にぃにぃのために遅くまで治療して下さり、
本当にありがとうございました。

まさに、命拾いをした心境って、こういうことなのかと、
安堵の心でいっぱいになりました。

本当に、本当にありがとうございます。

にぃにぃは小さなゲージにちょっきりサイズで収まって眠っていたけど、顔は穏やかに見えた。

術後の顔を見せてくださって、
先生、本当にありがとうございます。


このまま約1週間は入院になるとのことです。

にぃにぃ、よくがんばった。

えらい。えらい。

20080211_112.jpg


最近、『この仔はあまり長く生きられないかもしれない』と
考えてしまうことがあり、急に胸が痛むことがある。

手術の間中、自分の人生の10年をにぃにぃにあげるから、
どうか長く生きて欲しいと願っていた。

その心が、日々、強くなる。


ニックネーム yo4 at 01:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする