カテゴリ

2008年11月17日

白内障手術

とうとうにぃにぃが2回目の手術を受けることになりました。

11月18日の明日にその日を迎えます。

1回目は背中にできた血管腫と左目瞼にできた面皰の摘出術を
全身麻酔で、2007年の1月22日に行いました。

そして今度は左目の白内障の手術です。

これは2006年の5月に発覚しました

060613-2.jpg

6ヵ月ごとに文京区の眼科専門の動物病院に通院し続けました。

経過報告でもしたように、確実に白内障は進行しました。

ただ、幸いな事は左目だけであるという事。

考えに考えた末、手術を受けることを決意しました。

ここに今までの経過を記しておきたい。

2006年5月15日 初診
流量検査、眼圧測定、眼底検査と細隙灯顕微鏡検査を行いました。

眼圧測定:正常眼圧は10〜20mmHg。
高値…緑内障、高眼圧症の疑い
低値…網膜剥離、脈絡膜剥離、外傷、脱水、虹彩毛様体炎などが考えられる。
結果は正常値範囲内であった。


犬(笑) 眼底検査:瞳孔の奥にある眼底を、眼底カメラや眼底鏡でレンズを通して観察し、眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査。網膜剥離や眼底出血、緑内障などの目の病気を調べるときに行う。
網膜剥離がおこると青白く混濁して見え、さらに進行すると盛り上がり、しわ状に見える。
糖尿病網膜症では、眼底の毛細血管瘤や血管新生、出血斑を認める。

糖尿病性ではないが、やや変性がみられ、
先天性の若年性のため、急激に進行し
網膜剥離による失明も考えられると告げられる。

犬(笑) 細隙灯顕微鏡検査:細隙灯(さいげきとう)による拡大鏡を使い、帯状の光を目に当てて、目の病気を調べる検査。結膜、角膜、前房水、虹彩、瞳孔、水晶体などが検査でき、特殊なレンズを用いると後眼部の硝子体や網膜の状態まで検査できる。


2006年6月13日 再診1

細隙灯顕微鏡検査、超音波検査を行いました。

061000.jpg

特に進行している様子はない。

犬(笑) 超音波検査:まぶたの上から振動子をあてて超音波を発振させ、組織から反射してくる波形を観察する検査。 白内障に限らず何らかの理由で網膜を直接見ることができないときによく使う。 この検査で、網膜剥離や腫瘍を発見することができる。

網膜剥離はみられず、進行も緩徐である。



2006年9月6日 再診2

細隙灯顕微鏡検査を行いました。

070425.jpg

4歳までに進行すれば失明であるが、この状態であれば、
6か月に一度の検診で大丈夫であるとのこと。

2007年4月23日 再診3

眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。

070500.jpg

わずかに白濁は進行しているようだが、
生活上は支障がないようであると説明受ける。

2007年9月25日 再診4

眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。

070925.jpg

現段階ですぐに手術の必要性はなく、右側も異常なし。


2008年3月25日 再診5

眼圧測定、眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。

080325.jpg

手術を行うかどうかは次回の検診で判断すると告げられる。



2008年9月24日 再診6

1)眼底検査、細隙灯顕微鏡検査を行いました。
2)シクロード点眼(1日2回点眼)処方
3)オペオリエンテンーション
 料金(35〜40万円)、術式は白内障手術(超音波乳化吸引術、眼内レンズ移植術)の大まかな説明と全身麻酔(全麻)の術前検査依頼(かかりつけ医で行うようにとのこと)、
網膜電図検査を行うこと(静脈内鎮静法にて)、
術後は目薬を約4種類(1日3回数か月)、抗生剤の内服は1週間、ステロイド内服併用。
 術後の再診は1週間、2週間、1か月、2か月、3か月、6か月
の検診が必要であるということの説明を受けた。

0809240.jpg

手術を行うのであればこの半年以内で決断したほうが良い。
その間に急激に進行するおそれがあると説明を受ける。


080924.jpg

犬(笑) 超音波乳化吸引術と人工水晶体移植術の手術方法
1、水晶体のカプセルに丸い穴をレーザーであけます。
2、約4oの傷を作ります。
3、核と皮質の一部を超音波で砕いて吸い出す。
4、残った皮質を取り除きカプセルだけにする。
5、人工水晶体をカプセルの中に入れる。
6、傷を縫合する。

といった術式になり、1〜2泊入院が必要で、
完全なる家での術後管理が必要であるという。

白内障がどの程度すすんだら手術をするか?
白内障は急いで手術をしなければならない病気ではないので、
普段生活する上で支障をきたしてきたときが手術の時期である。
片方の目だけ進行する場合は、もう一方の目が見えるので
特に不便を感じないことがある。

白内障にかかっていない方の眼をふさいで、
動くものに反応しなければ、そろそろ手術を受ける
タイミングと判断していいと思われる。
とのことでした。

いろりろ調べていく中で、人間の場合は濁りが全体にひろがると
視力が0.1以下になり、放置すると、水晶体は液化し、
膜が厚くなって濁り、手術をしてもいい結果がでないことがある。
あきらかに見えにくい状態のまま放置していても、
状態が改善することはなく、手術は難しくなるだけなので、
このような場合は手術を早めたほうがいいということが
概ね専門医の見解。

にぃにぃが体力的にも元気なうつに手術を受けさせてあげたいと
思うようになり、年内に行うことを決心した。


0801014.jpg

しかし、人間に比較すると、犬は元来視力の弱い動物。
人間と同じ近視だそうです。近視の程度については諸説があり、1〜2メートル先の人間の顔もわからないという説や、10メートルくらい先まではわかるようだという説があるということ。

手術をした方がいいだろうか…

とまた、悩んでしまう。


2008年11月4日 再診7

1)流量検査、細隙灯顕微鏡検査、超音波検査、網膜電図検査を行いました。
2)シクロード点眼(1日2回)、ミドリンP点眼(1日1回)
3)オペの段取り(午前中来院し、処置後入院)と
リスク(ぶどうまく炎後の緑内障、網膜剥離の継発の可能性)と後発白内障の可能性があることを簡単に説明を受けました。

081110.jpg

パンチ 網膜電図検査:暗室で点眼麻酔をし電極を埋め込んだ
特殊なコンタクトレンズを装着し、眼球内の網膜に光を照射すると、
網膜と角膜の間にある電位(静止電位)に変化が生じるので、
この電位変化を増幅して記録し、細かく分析すると、
網膜自体の機能がよくわかる。
電位変化が初期から大きく低下する、あるいは消失するなどがみられる時は、網膜色素変性症と診断できる。

左目に大きな電位差はなく特に問題はない(網膜に機能に異常はないので、術後の視力回復は期待できるという意味だと理解した)とのこと。

むしろ右目は電位差があり、変性がおきると網膜剥離の可能性もあり、それを少しでも予防するために網膜レーザー凝固を両眼しておいた方がいいとのこと。

追加料金は20万円で、発生率を下げる可能性は、
ゴールデンに犬種ではあきらかなエビデンスはないが、
一般的には10分の1になるとのこと。


0811041.jpg

犬(笑) 後発白内障:手術後、数ヶ月〜数年して、手術の際に残しておいた水晶体の後面の膜(後嚢)が濁ることによって目がかすむなどの症状があらわれることがある。

0811042.jpg

にぃにぃにとって、最善なことは何か?



2008年11月5日 かかりつけ医院

全麻の術前検査
 採血(CBC、一般生化学検査、電解質、)、胸部X線検査、心電図検査を行った。
採血結果:Hbが20.1(g/dl)でやや高値、PCVは56.2(%)
でやや高値、Kが3.4mEg/Lやや低値でその他以上所見なし。
胸部X線検査結果:VHS(椎体心臓合計)は10.0(正常値8.6−10.6)でNP
EKG:洞性不整脈あるもQRS幅の異常はなくWNLと判定できる。


全身の健康状態は問題なく、全身麻酔を受けられると判断できた。

現在、にぃにぃはまだ完全に見えていると思われる。

正直今の今でも悩んでいる。

出来ることなら何でもしてあげたい。

かけっこが好きではない、にこちん。
おメメが見えるようになったら、カケッコが好きになる?
カケッコなんかしなくても、yo4たちと一緒にいるだけで幸せ?

081117.jpg

常に目が曇ってストレスがかかる?
にぃにぃはどうしたい?


この決断がにぃにぃの残された時間の中で、
Quality of Life(QOL)の向上になることだと信じたい。

そして、手術が成功することを信じたい。

がんばって!

どんな事があっても守ってあげるから。

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に、
ジョバンニがカムパネルラを思い
「僕はもうあのサソリのように、みんなのほんとうの幸いのためなら、僕の体なんか百ぺん焼いてもかまわない」
と夜空を見上げ涙をこらえる。

今日までそんな気持ちでずっといた。



ニックネーム yo4 at 01:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

しつけと愛情2

犬と赤ちゃんが共存するためにはどうすればいいか?

という事を考えてみたい。

これまで、『にぃにぃのしつけ』は、
自分とchi-koが出来る範囲で、おしみない努力と愛情をそそいでおこなってきた。
幸いにもにぃにぃも非常に躾けが入りやすい犬種で、
しかも理解能力がとても高い犬(笑)



そのためこれまでに手を焼いてしまう事は一度もなかった。

正直こんなに飼いやすい犬はいない。

どこに行くのも、何をするのも一緒で
自分たちの子供として育ててきたにぃにぃである。


081112.jpg



yukunが生まれ、新しい家族が増えていろいろ考えていかなければ
ならないこととしてまず第一にあげる事は、
yukunとにぃにぃと私たちが快適に楽しい生活をこれから送るには
どうすればいいか?


改めて『しつけ』を考えて行く時が来た。

081118.jpg

1)犬は群れを作って生活する。
2)自分より強いと認めたリーダーの存在は絶対的で、
  群れはリーダーの指示に従って行動する。
 (強さとは力だけではなく尊敬されるという意味が最近の動物行動学的にも強調されている。)
3)自分が今どの順位にいるのかを常に確認しながら生活する。
4)警戒心が非常に強く自分のテリトリーを持っている。

など犬には本来持っている習性がある。

当然、にこちんも持っている犬(笑)

081117.jpg


上下関係で判断すると言うが、
それを教えてあげられる飼い主でない場合は、
犬より下になってしまう?

散歩させたり、エサをあげたり、褒めたり、何かをさせたり
とコマンドを出せば、犬は自分よりも上であると認識できる。

が、そうした事ができない赤ちゃん(yukun)
はどうしたらいいか?

小鳥犬犬(怒)


愛犬はそれで理解できても、
赤ちゃんは『上下関係』やイヌ社会なんてわからないでちゅ。

愛犬より下の存在だと自分のテリトリーを犯され途端に、
唸ったり、噛みついたり…なんてことも。

あの、にこちゃんも…!


これでは、家族全員が不幸です。

そこで、愛犬に対する再教育(再しつけ)が必要になってくる。

言いかえれば、愛犬に対するしつけの考え方を、
飼い主がもう一度考え直し、
示していく必要があるということ。


081114.jpg


そこで、『赤ちゃん』という存在を家族(群れ)の中で
どうのうように位置づければいいかを教える必要がリーダーにはある。

(リーダーと言っても城島くんじゃない)




犬が闘争心をむき出しにする根本は、『不安』にあると思う。
これは、犬に限らず、人間も怒りや愚かな行為は
こうした『不安』から生じるようである。


『不安』から恐怖が感じ、自己防衛本能がでる。
この『不安』を取り除いてあげることを大切にした。

まず、yukunが生まれることを、chi-koのお腹が大きい時から、
お腹にむかって話しかけた。

最初は、chi-koに対して遊んでいると思ったらしく、
にぃにぃはその間に顔をおしつけるように割って入ろうとした。

けれどyukunというまだ目には見えないけど、
存在を感じられるように、
にぃにぃにも認識させるために続けた。

でも、これは実際は、父親としての自分の自覚にもなった。
何度も、何度もお腹に声をかけることで、
その存在感がとても強くなり、愛しさが込み上げてきて、
産前でもそこに『いる』という感覚が自分にも芽生えた。

081193.jpg



そして、いつも、いつもyukunの名前を頻繁にだし、
yukunのために買ってきたものを見せてから、
『これはにぃにぃのじゃない。yukunのだよ』
と何度も何度も言い聞かせた。

これは自分の大切なものに触れてもらいたくない時に、
いつも行う方法で、
『No!にぃにぃのじゃない』と言い聞かせてきたため、
すぐに触らなくなった。

だから、もってきてほしくないものを持ってきた場合は、
叱るよりもひたすら無視するか、この言葉をコマンドする。

yukunが生れ、入院中に使用した洗濯物の匂い毎日をかがせた。



chi-koのものはしっぽを振って匂いをかいだが、yukunのものになると、
ぴったりしっぽは止まり、くまなく匂いを嗅ぎ続けていた。

明らかに違う『存在』を意識したようだ。

そのことを何度も何度も行い、yukunの匂いを通して
新しい家族が増えたことを認識させた。

もちろん、何度も何度もにぃにぃに新しい家族が加わり、
赤ちゃんがお家にくることを言い聞かせた。


言葉がそんなに伝わるものだろうかと思うかもしれないが、
気持ちというものは犬であろうと、
言葉のわからない赤ちゃんだろうと必ず伝わるものである。

081195.jpg

だからにぃにぃにも伝わっていると確信できた。

けれど入院中は10時間ぐらいは家を毎日あけることになり、
にぃにぃには随分と寂しい思いをさせてしまった。


0811191.jpg

だから、自分の睡眠時間を削ってでも、
にぃにぃと家にいられる時間はたっぷり遊んだり、
話しかけたりと愛情をそそいだ。

081113.jpg

そこで、『にぃにぃのじゃない。yukunの』とコマンドすることで、
これはyukunであるとにぃにぃの中で
一つの『存在』として認識できるようになっていった。

産前にしきりにyukunという言葉を聞いていて、この匂いがまさに、
『yukun』であると認識させ、
家に帰ってきたときに、yukunという匂いのする者が家にいると
再認識できるようにしつけられ、
得体のしれない者が急に家の中に入って来たという『不安』にならずにいられ、
一切吠えたてたり、よそ者が侵入したという防衛反応は全くみられなかった。

むしろ、とても好意的で、楽しみにしていたかのようにもみえた。

0811111.jpg


これで、我が家(群れ)の中にyukunが加わったという環境の変化に不安もなく、にぃにぃにはすんなり理解できたように見えた。


次にこの『yukun』がにぃにぃ自身の中で、
どういう存在になるかという問題になる。

元来、『犬は弱者に対して寛容である』という習性がある。

つまり、yukunは弱者であるから、自分は寛容にならなくてはならない。
この家族(群れ)の中で、擁護されるべき存在であると認識させる。

081115.jpg

どうするればいいか?


にぃにぃに対して感情的に叱ってしまうことだけは、どうしても避けたかった。

その理由として、にぃにぃにとって決して故意ではなく、
叱ることで、
赤ちゃん=いやな思い
というコマンドになり、好意的でなくなってしまう。

それに寂しい思いを掛けてしまう。

もうひとつは、叱るという感情が、yukunに伝わってしまい、
自分が叱られている、怒られているという思いがyukunの人格形成に影響を与えてしまう可能性も心配である。

だから、して欲しくないときには『No』が理解できる。
必ず静止させる。

その予測をした上で見守る。

という事を行った。

081116.jpg

yukunを地面に置くとおそらくにぃにぃは急いでかけより、
鼻でつついたり、舐めまわしたりということが予測できる。

だから、最初に待てと静止させ、
静かにyukunを床に置いてみせる。


バタバタ手足を動かし、興味を誘う行動をとるが、
『マテ』のままそばでその光景をみさせる。

そして、リーダーがいかに大切にしているものであるか、
じっとそばで見させる。
決して、にぃにぃを排除させたりはしない。

犬はバイ菌がいっぱいいるとか、
危ないからという理由だけでは無視したり、隔離したりはしない。

081119.jpg

赤ちゃんってかわいいね。
泣いているから面倒みようね。

と一緒にそばで見させる。


それを繰り返すことで、赤ちゃんは何もできない弱者で、
そしてリーダーがとても大切しているもので、
擁護していることを覚えさせ、
静かに見守ることを教える。

そばで見守っていることで、褒められるということを徹底して
行うことで、
自分が赤ちゃんにどのように接すればいいか理解し、
自分も守らなくてはという使命感が犬にも芽生えてくる。

081196.jpg

今ではyukunのベッドの前や、傍でいつも『見守る』ことができる、
立派なお姉ちゃんに成長し、にぃにぃに対する信頼が一層強くなった。


081197.jpg

そんなにぃにぃを心から誇りに思う。

そして愛しさで心があふれ、胸がいっぱいになる。















ニックネーム yo4 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

イヌの時計

子供が生れたらどうしてもプレゼントしたいものがあった。

『大きな古時計』の歌にちなんで、
息子のこれからの素敵な人生を
親に代わって最後まで見届けてくれる『時計』を
最初のバースデープレゼントにしたかった。


そこでyukunが産まれ、kicoriさんの『イヌの時計』を贈った。
10151.jpg

実にいい時計です。
この時計にめぐり会えて本当に幸せです。

間違いなく病室にこんなに大きな時計を持ち込んでいたのは、
うちだけですが...(笑)

yukunが産まれた9時12分から『イヌの時計』は、
私たちと一緒にゆっくりと時を刻み始めました。



10156.jpg

もちろんこのデザインにしたかったのは、
にこちん姉ちゃんの事を一生忘れて欲しくないからです。

yukunがいくつになるまで一緒にいられるか分かりませんが、
この時計を見るたびに、生まれた時からそばに、
いつもにこちんが居たことを絶対に忘れてほしくないからです。

081017_10.jpg

こんな散歩嫌いでイヌらしくない姉ちゃんですが、
yukunどうぞヨロシクです♪


yukunの誕生日からちょうど1週間後は、
chi-koの誕生日でもあります♪

今年は病室で誕生日を迎えることになりました。


本当に産まれて来てくれてありがとう。
yukunを生んでくれてありがとう。
そして、本当に本当にお疲れさま。


yukunと穏やかなひと時をずっと過ごせるように、
ロッキングチェアーをプレゼントしました。

10153.jpg

こちらは素晴らしい『イス』です。

(よーく見てもイスだって!)


この粋な計らいはにこちんのグッドアイディア!

そう!ドッグアイディア犬(笑)

でました!

10152.jpg



やったね、にこちん!







ニックネーム yo4 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする